歯並び

歯並びがキレイな人というのは、顔の形がバランスがとれているということができます。

不正咬合がありますと、顔のバランスが崩れてしまうということができます。しかし、目の大きさや鼻の高さはどれぐらいが標準化ということを決めるのが難しいのと同じように、正常咬合と不正咬合等を区別するということは、なかなか難しいことということができます。特に日本人を考えてみますと美しい歯並びとかみ合わせの代表をどのようなものかということを表すようにと言いましても非常に困難ということができるでしょう。しかしながら、一つの標準を考えた人がいます。その1人はアメリカのアングルという医者です。1900年のことですけども、永久歯の上下の第1大臼歯の上下の噛み合わせが、正常な歯並びの標準となるという基準を発表しました。人間には一定の第一大臼歯のかみ合わせがあって、その変化を見て正常化不正常化を決めようというそういう考え方です。今でもこの分類法基準にしてる医者が多いということができます。ナノクリア 販売店