口の中の環境を

息が臭くなってしまう理由として一番多いのは歯周病による口臭です。
歯周病と口臭はあまり関係ないようにも思えますが、実は口の中と吐息の匂いには密接な関係があります。

歯や歯ぐきについた食べ物のかすから細菌が繁殖してしまうことによって虫歯になってしまいますが、
それと同時に悪臭も放ってしまいますのでそれが原因となり口のにおいが臭くなるといわれています。
そのため虫歯になるような口の環境だと息が臭くなってしまうということです。

こういった口臭をケアするためにはしっかりと歯磨きなどを行って
日ごろから口の中の環境を整えていったり、歯科にいって治療をしてもらうなど
しっかりとオーラルケアをしていくことが肝心だとおもいます。

それと最も気になるのが歯の白さです。珈琲や紅茶、ワインなんかの
ステイン汚れがいつの間にか歯の表面に付着して黄ばんでしまう。
ひどいときには歯の色が茶色く偏食してしまうので、ホワイトニング歯磨きで
毎日少しずつ着色汚れが付かないようなケアがいいですよね。
リュミエールブランネージュで毎日歯をみがくだけで、
自然な白い歯を維持できることは、口元の清潔感維持にも繋がります。